スムーズな体位チェンジこそ「腕」が問われる

セックス時における体位のチェンジは、

おそらくあなたが考えていたほど、

大切な意味を持たないのではないでしょうか

あっ、出そう…!」というときに、

あなたはしれっと、

いつものように体位チェンジをしていませんか?

いや、別にダメだというワケではないのです。

少しでも長く楽しむためには、

一度ペニスを抜いて、

体位を変えてみるのもいいでしょう。

ただ、問題なのは、あなた以上に彼女のほうが

クールダウンしてしまうことなのです。

女性はペニスを抜かれると、

意外と冷めてしまうんですね。

だからこそ、

体位チェンジはスムーズに行うべきとも言えます。

例えば、オススメのパターンとして、

こういった「流れ」はいかがでしょうか?

こんな感じです。

↓↓↓↓↓

まず、【騎乗位】でスタート。

ペニスを挿入してから、

しばらくは女性に任せてしまいます。

で、女性が動くのに疲れてきたら・・・

女性の上半身を抱き寄せるように前に倒して、

【女性上位】の体位にします。

ここで腰を浮かせるようにして

ピストンしはじめます。

そして、射精感が高まってきたら、

女性の体を抱きかかえながら上半身を起こします。

そうすると、自然と

【対面座位】の体位になります。

ここでは、ピストンを控えて、

深く挿入したまま、グリグリ動かすようにします。

これで射精感を抑えつつ、

女性を感じさせ続けることができます。

その後、最終的には、

女性の体を後ろに押し倒して【正常位】になります。

ラストスパートをかけてフィニッシュへ!

なんとなく、イメージできましたか?

騎乗位

女性上位

対面座位

正常位

と、体位を4つも使っています。

ですが、丁寧に切り替えていけば、

女性にとっても、

コロコロと体位を変えられてる

という印象はないはずです。

もちろんこの通りにやる必要はありません。

バック

寝バック

側位

とか、

正常位

屈曲位

松葉崩し

とか、やり方はいくつも考えられます。

このような、

スムーズな流れを作れるだけで、

セックスが上手い男」になれますよ。

ぜひ、自分なりに研究してみてください。